<のえの庭>の 「ハトものがたり」

デジイチさまがまだ入院中ですので、ずーっとブログに残しておきたいと思っていた
              (以前から小さなアルバムにして、無理やり 知り合いに見せてはいますが・・笑)
涙なくしては 語れない(笑) わが家の庭<のえの庭>で起こった話を聞いてください。
まだ写真は、コンデジ1号(今はコンデジ2号を使用中)の頃のもの ちょっと見にくいかもです。

そして、この「ハトものがたり」 少々長くなります。
退屈な時は どうぞ遠慮なく いねむりしてくださいませ~笑
d0142898_20404758.jpg

むか~し 昔(実際は3.4年前なんですけど・・・フフ) 
まだ<のえの庭>が花と緑であふれ 豊かだったころ↑
<のえの庭>にある 大きな一本のもみの木に ハトが巣を作りました。
d0142898_20435718.jpg

             ↑よ~く見ていただくと ハトのお母さん いますよ♪

フンがどうとかいうけれど、ウチの家族は全員大喜びで 
平和の使者 ハトのこれからを じっと(実はしつこくですけど~笑)見つめておりました。

ハトの夫婦はせっせと巣作りし ある日卵を産みました。
そして、いよいよ 待望のかわいい赤ちゃんバトと 対面の日が・・・
d0142898_2053302.jpg

           「ゲ~~~!かっ、かわいくない~~~!」

どう見ても、何度見直しても・・・かわいくない2羽の子供達・・・涙
初めて見た 息子のT君 「これ、ハトの子じゃないんじゃない~?」
「それじゃ、誰の子だっていうのよ、これ~。」←思わず発した私の言葉。
そう!たしかに、T君の気持ちは十分わかる キモかわいくない子たちでした。
d0142898_20564425.jpg


そんな ある日 大型の台風がやってきました。
リビングの窓から見える場所にあるもみの木も 右に左に 大きくしなっておりました。

のぞき専用になった台に乗って 様子を見てみると
そこには、身動きひとつせず 風雨にじっと耐える母の姿がありました・・・涙
ビショヌレになっても、風にあおられても 
目をつぶってひたすら耐えている母の姿・・・涙、涙
ちょうど、夏休みで帰省していたわが家族 
のぞき台から かわるがわるこの様子を見て お母さんに声援を送りました。
こういうときの わが家の団結力は いくつになってもスバラシイ~笑

だんだん大きくなっていく子供たち
「キモかわいくない」から「キモかわいい」くらいにはなったでしょうか?見慣れただけ~?
d0142898_2101682.jpg


ちょっと放浪癖がありそうな(帰りが結構遅いんですの)お父さんと交代して
エサを運ぶお母さんの姿も感動的。自分はいつ食べてるのか心配になるくらい・・・

そんな母の愛をいっぱい受けて、子供達 どんどんハトらしくなっていきました。
随分大きくなっても、まだエサ運んでもらうんですよね。

そして、そして、ある日の午後 巣が空っぽになっていました。朝はいたのに~涙
d0142898_211572.jpg

ガランとした巣を見たとき、淋しさがフッとこみ上げました。
     ↓ボー然と庭を見ているこの日の のえたんの姿です(想いは皆 同じ・・・)
d0142898_214953.jpg

思わず空を見上げたら・・・
なんとウチの前の電線からハトが1羽こちらを見ているではありませんか↓
d0142898_215089.jpg

         「あ!あれはハトのお母さんだ!」←これは私の勘です(笑)

随分長い間(カメラを撮りに行って十分うつせましたから)電線にとまっていました。
まるで「ありがとう!お世話になりました」と言ってるみたいに。←これも私の勘です(笑)

翌朝 空っぽの巣をもう一度確認したあと
また何気なく昨日ハトのお母さんがいた電線を見上げて驚きました。
今度は2羽 こちらに向いてとまっていたのです↓
d0142898_2155644.jpg

昨日のハトより明らかに身体が小さい。
巣立ったばかりの子供達に違いありません。←これまた勘ですが・・・笑


2羽の子供達 お母さんとと同じように「ありがとう!」と言ってるみたいでしたの。
そしてしばらくたたずんだあと、2羽揃って元気に羽ばたいていきました。

とても、偶然とは思えない この2日間の出来事(いつもハトがいる環境ではありませんし)
何年経っても、もみの木を見るとなつかしく思い出します。


でも、その後の<のえの庭>のもみの木は
たった1度 下見に訪れたハトはいましたが(やっぱり巣作りも下見が大事みたいです)
出産場所として選ばれることはなく・・・
ひっきりなしにのぞかれたり、写真撮られたり、差し入れがあったりする
おせっかい住人が住む家の庭木は、
評判の産木(?)としては口コミで広がらなかったんだなぁ~と思う今日この頃でした(笑)

ちなみに、巣立った後、普通のハトより小さいな と思って動植物園に問い合わせしたところ
特徴などから 野鳩(ノバト)だということがわかりました。


               長編<のえの庭>の「ハトものがたり」 
          最後までお読みいただきまして ありがとうございました♪
[PR]
by kokorono-yutori | 2009-01-30 09:35 | <のえの庭>(ウチの庭)
<< 節分の想い出 アラジンさま 再登場~ >>