憧れの人の庭

大先輩なのにいつまでも新鮮でナチュラルな暮らしをされている方の
お庭拝見の約束を、とっても楽しみにしていたのに・・・きょうは朝から雨模様。
でも、ず~っと思い続けていた念願のお庭、何があっても行くので~す(=゚ω゚)ノ

そのお庭のご主人は、白い綿刺繍の清楚なブラウスで迎えてくださいました。
昔、絵の教室でご一緒していた頃よりちょっとホッソリなさったような・・・
庭にたたずまれるその後姿に、私は思わずターシャ・チューダーさんを重ねていました。


         残念ながらバラの一番いい時期は過ぎていましたが、
         それでも、雰囲気のある森のような癒しのお庭でした。
d0142898_1842453.jpg

   驚いたことに私たちがお庭を拝見している間、雨はやんでてくれたのです。
        これも、日頃の行いがいいからでしょうか(な~んて、笑)
d0142898_18445740.jpg

d0142898_18455778.jpg


素敵なのはお庭だけではありません。
カゴを持ってお庭の花をハサミで摘まれてると思ったら
お部屋に戻ってアレンジ用の花器にオアシスを詰めてくださって、
「フラワーアレンジして持って帰ってくださいね」ですって!
ああ~~素敵すぎます~!嬉しすぎます~!
d0142898_18504840.jpg

久しぶりにオアシスを使って、しかも新鮮で香り豊かなたくさんのお花にウキウキワクワク
       欲張って、てんこ盛りアレンジメントができあがりました(笑)

           若い友人のアレンジメントも個性的~ヒューッ!
d0142898_18543548.jpg


その後、珍しいお花の話やバラ真っ盛りのお庭の写真を見せていただきながら
           美味しい紅茶とお菓子を頂戴しました。
     紅茶の木彫りのトレーも椅子の手描きのクッションもお手製。
 こうやっていろんな事を楽しみながら素敵に年を取っていけたらいいなぁ!と
              あらためて思ったのでした。

        帰りは前が見えないほどのどしゃ降りになったのに、
     車を運転している私の心は、ほっこりホンワリ弾んでいました。
[PR]
by kokorono-yutori | 2008-05-28 20:17 | 素敵な庭
<< カリグラフィー展 ハウステンボス バラ祭~その2 >>