ヴィラデスト

独断と偏見に満ちた<素敵な庭>想い出シリーズ、
第3弾は信州にある画家でエッセイスト玉村豊男さんの
<ヴィラデスト>をご紹介したいと思います。

おなじみのブドウ畑の広がる丘陵の風景ではなく、
花やハーブ、野菜が植えてある部分の写真をたくさん撮ってきています。
d0142898_23124575.jpg

d0142898_23464299.jpg

d0142898_23141250.jpg

d0142898_2347895.jpg

d0142898_23153269.jpg

一言で言うと、洗練されたカントリー(?)
海外経験豊富な玉村さんのセンスが隅々まで生かされた
日本とは思えない広々ノンビリ、垢抜けた(?)田舎の風景がなんとも心地よかったです。




お昼近くに着いたので、レストランで食事でも・・・と思ったら、
団体客のお昼の準備で、厨房は大わらわ。
外国人シェフに混じって玉村さんが、かいがいしく動き回っていらっしゃいました。
垣間見たお料理のおいしそうだったこと! |・)
予約なしで来たことを、深く深く反省しました。
いらっしゃる方は、ぜひご予約をお勧めしま~す。
いまでも、グルメな玉村さんのあのお料理を頂きたかったと残念に思いますもの。



それでも、飲み物だけならどうぞ!・・・ということで、
絞りたてのりんごジュースをブドウ畑の見えるテラスでいただきました。
d0142898_23345144.jpg

食事にありつけなかったから、
下の階に展示してある玉村さんのおいしそうな絵画を見て・・・
d0142898_23482336.jpg

う~~ん!どんなに見つめたって・・・満腹になるはずはありませ~~ん(T-T)でした。

もう随分前ですが、代官山にお店があった頃に2度行った事があって籠を購入しました。
接客してくれた若い女の子がとても優しく印象的で、
選んでくれたその籠は、今も大切に使っています。

その時からわが家には、素敵なダイレクトメールが届くようになって・・・
いつか訪れたい場所のひとつでした。
残念ながら、その女の子(もう女の人でしょうねぇ!)には会えませんでしたが、
妙に懐かしい感じのするお洒落な場所でした。
[PR]
by kokorono-yutori | 2008-03-16 21:28 | 素敵な庭
<< 留守にします! のえたんは前科2犯 >>